>

どんな副作用が起こるのか

発熱などの症状が見られる

従来は、予防接種を受けると副作用が起こると言われていました。
ですから予防接種は危険と決めつけて、子供に受けさせていない人が見られます。
しかし現代の医学は進化しているので、副作用が起こる可能性は低いとわかっています。
予防接種を受けた部分が、直後に腫れたり、痛みを感じたりすることがあります。

それは誰でも起こり得る反応なので、深刻に考えないでください。
予防接種を受けてから数日が経過すれば、痛みなどを感じなくなります。
万が一副作用のような症状が見られても、様子を見てください。
予防接種を受けたあとに、守らなければいけない決まりがあります。
決まりを破ることで、副作用が悪化してしまうので気をつけてください。

年齢が上になってから受ける

幼い時に予防接種を受けていない人が、大きくなってからでも受けることができます。
もし受けていない予防接種が見つかったら、中学校ぐらいの年齢になっても子供に受けさせてください。
しかし年齢が上の子供は、副作用が起こりやすいと言われています。
ですからその噂が広まって、予防接種を受けると副作用が現れると言われるようになりました。

医師も、年齢が上の子供の場合は慎重に予防接種をしてくれるので大大丈夫です。
しかし少しでも副作用が見られると、親としては心配になってしまいますよね。
そのため、幼い年齢の時に予防接種をきちんと受けさせるのがおすすめです。
たくさんの予防接種があるので、忘れないでください。
1つでも忘れると、病気を発症しやすくなります。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる