予防接種の重要性を確認しよう

子供のうちに受けさせよう

みなさんは、何のために予防接種をするのか知っていますか。
それは病気にならないためです。
予防接種で、病気の免疫物質を体内に注入します。
するとウイルスが体内に侵入した場合でも、免疫物質が身体を守ってくれる仕組みになります。
予防接種をしないと、当然免疫物質は体内に存在しないので、ウイルスは好き勝手に暴れ出します。
病気の種類によっては命を落とす危険性があるので、必ず子供に受けさせてください。

予防接種をする、おすすめの年齢があります。
それを守って、子供に受けさせるといいですね。
できれば幼いうちに、ほとんどの予防接種を終えていた方がいいと言われます。
年齢が上になっても予防接種は受けられますが、副作用が出る可能性が高くなります。
副作用が出ると、子供が苦しい思いをしてしまいます。
親の間違った知識が原因で、子供を危険にさらさないでください。
最適な時期を見極めるためにはどうすればよいのでしょうか。

初めて子供を授かると、予防接種のことをあまり理解していないので、本当に受けて良いのか不安になる親が見られます。
もしかしたら近所の親から、予防接種は危険なものだから受けない方が良いと言われるかもしれません。
ですが、その考えの方が危険です。
子供を病気から守るために必要なので、不安だったら医師に相談しましょう。
複数の予防接種がありますが、それぞれ何のために使うのか細かく説明してくれます。
説明を聞けば、納得できるでしょう。

≫ TOPへもどる